レンタルサーバーの需要が加速度的に伸びている中で、とくに多くのサイト運営会社などから圧倒的な支持を集めているのが、VPS(仮想専用サーバ)です。

仮想専用サーバとは、ホスティングサービスの会社がレンタルサーバサービスの1つとして実施しているもので、共用サーバでありながら専用サーバと同等の機能を提供できるものです。

専用サーバとVPSを比較すると、VPSはあくまでクラウド上の仮想サーバであるため、極端に言うと、ほぼ無制限にサーバを連結して拡張でき、必要がなくなれば縮小も自由というメリットがあり、重量制の専用サーバ・物理サーバよりもはるかに使い勝手のいい状態を保てます。

またイニシャルコスト、ランニングコスト面での比較においても、専用サーバとは比較にならないほどVPSのほうが安く、ホスティングサービスによっては、初期費用ゼロ、月々の費用も100円、80円、10円などという、信じられないほどの低価格を実現しています。

本格的な景気がまだはっきりとはつかめないいま、企業は「革新的な経営戦略による成長とコストダウン」という、まるで相反するような課題をパラレル的に達成していかないと生き残れない状態にあります。

そう考えるとVPSにシフトするクライアント企業のコスト軽減率は大きく、VPSへのシフトを叶えつつ、浮いたコストを人材の強化や提供するサイトの充実・拡充に使うことが可能になります。

またVPSを提供するホスティングサービス側の企業にとっても、このVPSは革新的なサービスであり、このトレンドにうまく乗り切ることができれば、企業の業績を伸ばし成長へつなげることができます。

コストとサービス競争でVPS比較は熾烈を極めていますが、いまもっとも加熱しているのがこのVPSです。