業界最大手といわれるカゴヤのクラウドVPSは、“Open VZの利点を最大限に活用した軽快な仮想専用サーバーを提供”という触れ込みで、多くのユーザーを獲得しています。

ITの世界は弱いほうなので詳しいことはわかりませんが、仮想化技術のOpen VZとは、Linuxカーネルをベースに開発された OS(オペレーティングシステム)の1つで、いわゆるサーバ仮想化用のソフトです。

もともとLinuxはオープンソースなので、何を開発するにも進化・発展のスピードは凄まじくj、カゴヤ・クラウドVPSも、そのベースをうまく使ったものと思われます。

カゴヤだけでなく、極端に言えば現在のVPS技術がここまで発展し、各社各様にホスティングサービスを競えるようになったのもLinuxカーネルのおかげかも知れません。

さまざまなVPSがでてきたおかげで、クライアント企業はVPS自体の質を比較検討したり、ホスティングサービスの内容を比較検討できるようになりました。

カゴヤ・クラウドVPSの特徴は、従来と比較して再起動がスピードが圧倒的に速く、無停止で簡単にスケールアップできることにあります。

またroot権限やグローバルIPアドレスが付加されているため、これを導入したクライアント企業は、あたかも専用物理サーバのように使いこなすことが可能になるといいます。

コスト面での比較も、初期費用ゼロで日額はなんと31円と他社にくらべて遜色なし。

オプション機能も低価格で使えるというので、比較の末、これに惹かれて契約するユーザーも大勢いるはず。

アプリケーション・パッケージも豊富で、構築は専用のコントロールパネルから迅速に立ち上げられます。

興味のある方はぜひアクセスしてみてください。